誰かに依頼して家を造る事のデメリット

注文という形で家を建てる

image

マイホームの購入を大きく分けると一戸建て住宅とマンションになります。このうちの一戸建て住宅をさらに分けると注文住宅と建売住宅になります。注文住宅はその名前の通りで、施主が注文をして家を建てることになり、建売住宅は施主の想いは基本的に反映されることなく、住宅販売の会社側でメリット等を考慮して建てられます。もちろん、建売住宅は施主の想いは反映されませんが、誰もが快適に暮らせるような住まい造りになっているのは確かです。さて、注文住宅を建てるということは、施主の想いが詰まっていますから、間取りも家造りで使われる資材も施主がある程度ハンドリングできます。ただし、ここにはデメリットも考えられるので注意が必要です。

注文住宅を建てる際のデメリットは存在するか

理想通りのマイホームを建てることができるのが注文住宅になりますが、全てが全てにおいてメリットばかりではないことを頭に入れた上で建てなくてはいけません。特に地域密着のような小さな工務店に作業依頼する場合には注意が必要です。地域の工務店利用時にはどんなデメリットが考えられるかというと、小さな工務店ともなると使う資材や家が完成するまでの納期が遅れる可能性があります。これを解決するためにはスケジュールを事前にしっかりと組んで臨むことです。

また、注文という形で間取りから資材から検討していくことになるため、打ち合わせにそれだけの時間が必要です。細かくきちんと伝えておかないとイメージ通りの完成になりませんから、たっぷりと時間がかかることを頭に入れておきましょう。