自分で家を造る際の注意点

さまざまな知識や確認が必要

image

自分の住む家だからといって、やたらに建てていいわけではありません。まず自分で家を造る前には、建築確認申請が必要になります。工事に着手する前、市区町村の建築課に、その自分で造る家が、建築基準法そのほかの関係法令に適合したものであることの確認を受ける申請を行いましょう。また、建ぺい率についても確認が必要です。 建ぺい率とは、土地の面積の何割まで家が建てられるかという率です。この率は場所により一様ではないので、自分が建築しようとする場所の建ぺい率が何割であるか知らなければなりません。建ぺい率は、市区町村役場の建築課へ行けば教えてもらうことができます。その他、道路による制限や高さの制限なども考慮する必要があります。自分で家を建てる際には、事前にさまざまな知識を得ておきましょう。

地主やお隣とのトラブル回避のために

また自分の所有地ではなく、借地に家を建てる際には、何よりも保存登記を済ませておくことが肝心です。なぜなら、土地の賃借権を登記することは普通行われず、借地契約を取り交わすだけだからです。家の保存登記をしておかないと、地主がかわった場合、第三者たる新地主から土地の明け渡しの請求を受けてしまって場合に、対抗できなくなってしまいます。さらに、地主が土地を売り飛ばさなくても、差し押さえを受けたり、競売されたり、税金の滞納によって公売されたりすることもあり得るので、用心が必要です。

他にも、自分で家を建てる際には、その後住みよくするために、お隣とのトラブルは避けたいものですよね。例えば、お隣との境界がはっきりしないくらい困ることはありません。いつかは必ず、いざこざのもとになってしまいます。専門の測量士に依頼して、境界をはっきりさせてから、家を建てることが賢明です。