家造りを依頼する際の業者の選び方

信用ある業者を選ぶことが大切

image

家造りを依頼するのに、一番大切なことは、信用ある業者を選ぶことです。建設業者の経営状態が悪いと、下請けに対する支払いが悪いので工事がなかなかはかどらなかったり、工事が粗雑になったりしやすくなってしまいます。また建築工事の途中で、建設業者が倒産してしまう場合もあります。すでに支払ったお金は戻らず、他の業者に頼もうとしても、途中からの引き受け手が見つからず、ひどい目にあった人もいるようです。工事代金が安いことばかりに目をつけないで、その業者の信用状態を聞き込むことの方に気を配りながら、業者を選びましょう。

さらに、工事請負金額が50万円以上のときは、必ず国土交通大臣または都道府県知事に登録している業者でなければならないことになっています。その業者が登録業者であるかどうかは、都道府県庁の建築課へ問い合わせれば分かります。

契約書を結ぶ前のポイント

さまざまな業者からここだという業者を選んでも、工事請負契約書をきちんと結ぶまでは、まだまだ選択の余地があります。まずは、工事の内容をはっきり決めてくれる業者か見定めましょう。どんな家造りを行うのか、工事の手抜きなどされないように確認する必要があるからです。材料や仕上げを明確にするほか、配置図や平面図、仕様書や構造設計書などを詳細に作成してくれる業者を選ぶのが賢明です。なぜなら、工事の内容が特定していないと、出来上がってからの悶着が起きやすくなってしまうからです。

また、建築工事はとかく遅れがちなものです。遅れないようにするためには、着工や完成、引き渡しの時期を何年何月何日限りとはっきり定める必要があります。もし期日が遅れたときは、完成時に支払う金額から差し引くというような特約をする、などのトラブルに対して柔軟な対応をしてくれる業者を選びましょう。