自分で家を造る際に節約できるお金の額

総2階建てにするのが良い

image

オーダーメイドの注文住宅を造るときに知っておきたいのがコスト削減方法です。オーダーメイド式は自分で自由に間取りなどを調整する事ができるので、いかに安く仕上げるのかを考慮すれば非常に安価な住宅を建築できます。家造り重要になるのは総2階建てと部分2階建てです。1回と2回の床面積が違う場合は住宅の制作費は高くなります。それは、部分2階建ては建坪が広く基礎工事なども増えてしまうため結果的に材料費などがたくさんかかってしまうからです。総2階建ては1階と床面積が同じです。基礎工事などが増えないのでコストはかなり安くする事が可能です。総2階建ては大体見た目がボックスタイプの住宅になるので覚えておきましょう。

部屋数はなるべく少なくしよう

住宅建築をするときに注意したいのが部屋数です。多すぎると費用が非常に高くなってしまうので注意しておきましょう。部屋を仕切ると材料がたくさん必要です。また工事箇所も増えてしまうので必然的に費用が増します。そこでコストダウンをするために部屋数は必要最小限にとどめます。1つの部屋自体は広めにすることで間取りを少なくすることが可能です。開放的な空間を多くすることにより部屋も広く感じるので生活もしやすいでしょう。将来子供が大きくなったとき部屋に間仕切り工事をするだけで2つの子供部屋を作ることができます。部屋が広いとフレキシブルに対応できるので合理的です。最終的に子供は巣立ってしまうので部屋をたくさん作ってもあまり意味がありません。